うつ病みの日々のあれこれ

うつ病みが日々のあれこれを綴ります

オフグリッドな暮らし

電力の送電網に依存せず、上水道や都市ガスの配管に依存せず、しがらみから独立した生活を送るにはどうすれば良いだろうか。

生活の場としては、まず人里離れたところ。電力を得るために太陽電池パネルを展開できるスペースは必要。どれだけの広さが必要かは電力の必要量による。とりあえず、週の半分、雨の日が続いても電力を賄えるパネル面積、そして蓄電池が必要だ。

上水道に関しては、国内なら30mほどボーリングすれば帯水層まで届く。まれに地質的に飲用不適な地下水があるが、ほとんどの場合は上質なミネラルウォーターをポンプアップできる。

ガスに関してはLPガスで良い。月に一度ぐらいボンベの交換が必要かもしれないが、人が住んでますよー、とわかっている業者の人が一人ぐらいいた方が災害など万一のときに有益だろう。

ネット環境は4Gで途切れなくつながれば十分だろう。また人によっては、ネットから完全解放された方が心地良いかもしれない。

一方で注意すべき点。

ライフラインの供給側は上記で整うが、排水について無処理で垂れ流すのは絶対に避けるべき。下水道配管は都市部でしか供されていないので、小型合併浄化槽を使う。それで汚濁分を90%以上分解してから外部に排出する。通常ならその排水は雨水側溝に流すところだが、人里離れたところでは側溝も引かれていないだろう。敷地内の低いところに流す他ないかな。

ごみも出る。だが生ごみならばむしろ土に埋めた方が良い。それ以外のごみは月に一度ぐらい集積場に持って行くか。

対処法を列挙してゆけば、意外とオフグリッドな暮らしは難しくないように思える。一番対応の難しいのが電力の確保で、それ以外は、上水を地下水で賄っているところはたくさんあるし、LPガスも全国津々浦々配達してくれるので不安はない。

発電のコストは太陽電池パネルの普及で随分と下がっている。だがネックは蓄電だ。発電量の落ちた数日分の電力を、蓄電池で供給できるだろうか。現状はちょっと難しそうだ。逆に考えれば、その一点さえ解決すればオフグリッドの暮らしがぐっと現実味を帯びることになる。

アウトドアレジャー用のポータブルバッテリーが広く出回っているが、その大容量ホーム版が高すぎない価格帯で手に入るならば良いなー。

周りに組み込まれることなく、一人で独立したオフグリッドな暮らし。まだ可能性だけれど、実現性は十分にあるし、できることなら実現させたい。

 

以上。2022.09.07