うつ病みの日々のあれこれ

うつ病みが日々のあれこれを綴ります

仕事

うまくいかない2

昨日はタイマーセットの失敗が発覚した。で、今日も別の失敗が発覚した。 7月に入ってから、原料を4年生が合成したものに切り替えているのだが、仕込み時の仕込み比率を計算間違いしていた。具体的には、実験ノートで計算する際、「266」を「226」に書き損じ…

うまくいかない

先週金曜日、仕掛けている加熱処理の終了が翌日土曜日の21:56だったので、帰りにタイマーをセットして帰った。そして週開けて今日、実験室に行くとタイマーが切れているはずの加熱器の電源がまだ入ったままになっていた。え?え?加熱しすぎ!と慌ててスイッ…

お米の配給を受ける学生

学生が研究室に配属されるのは4年生からだが、特定の研究分野の人手が足りないということで、昨年秋からルーチンワークの作業に1年生や2年生をアルバイトとして雇用している。 昨年11月か12月か、コロナ禍で生活が苦しくなった学生向けに、大学生協がお米3kg…

通信制大学について

政府が「学び直し」と称して社会人の再教育に力を入れようとしている。今の政府のやることだから教育業界から利益誘導のための多額の献金があったためと推測する。今働いている人のうち、学び直しができるだけの時間とお金がある恵まれた人はどれくらいいる…

馬鹿げた営業マナー

誰が決めたのかわからない馬鹿みたいなマナーもどきがある。例えば、営業マンなら腕時計は月収3か月分の物を、だとか。今どき腕時計を付けることすら少数派だし、なぜその値段にまで基準をつけなければならないのか。 営業という仕事、最初は先輩社員につい…

前人未到の領域

自分の研究室で作られた材料を元に、新たな素材を作る。そしてその素材の各種特性を測定する。その新たな素材は、世界中の研究室の誰も作ったことのない、あるいは作ったことはあっても論文として発表されていない素材だ。今日はその測定装置(世界で最高感…

るきさんの時代と今

高野文子先生が'80年代末から'90年代初めにかけて「Hanako」に連載していた「るきさん」。 るきさん 高野文子 バブル絶頂期から崩壊し始めたころの世相が見えるので興味深い。 主人公るきさんと友達のえっちゃんはおそらく20代後半の女性、「Hanako」の購読…

涙ながらに収穫したトマト

例えば、野菜を買う場合、店先で「○×産トマト」等と表示されていることが多い。だが、産地はわかっても、どの農家さんが作っているものか、その農家さんではどのような人が働いているのか、そこまではわからない。 最近の、少し規模の大きな農家さんは、家族…

何様のつもりですか?

「はてなで話題のエントリー」を見てみたが、何か引っかかるタイトルがあった。 「仕事できないのに育休とか定時退社を当然の権利のように求めるのはモンスター」とある。はぁ?あなたは何様のつもりでしょうか。よほど仕事ができる人だとご自分では思ってい…

歳を重ねることに逆らわない

昨日、定期検診を受けた。あまり嬉しくない結果だが、特に視力の低下にがっかりした。昨年は裸眼で0.5と0.6、それが今年は0.2と0.3。検査機の操作をしている看護師さんから「え?見えないんですか」と驚かれてしまった。裸眼では生活に支障するほどのことだ…

副反応が怖い

まだずっと先のことだけれど、いずれ4回目のワクチン接種の案内が来る。3回目の接種の副反応がひどかったので、4回目の接種を受けるべきかどうか悩んでいる。 国は6/10から人数上限付きで外国人団体観光客の受け入れを始める。しばらく経たないと状況の変化…

Google SpreadsheetとExcel on the webその2

昨日はGoogle Spreadsheetに軍配を上げたのだが、グラフ(散布図)を作る作業性からすると、Excel on the webの方がはるかに良い。 それから、Excel on the webは、ブラウザーの適不適があるようだ。 まず、グラフ作成であるが、セル範囲を指定してグラフを…

Google SpreadsheetとExcel on the web

仕事に表計算ソフトは欠かせない。PCにExcelが入っていれば良いが、入っていないこともある。ただ最近はネット接続しクラウドで表計算をできるようになっている。昨年、共同研究のチームの研究室を訪れた際、Google Spreadsheetでデータ処理をしていたので、…

昨日はフェアトレードデーだった

5月第2土曜はフェアトレードデーだった。途上国の産品を搾取なく適正価格で取引しましょう、という趣旨のフェアトレード、社会の持続的発展の観点からも重要なポイントだ。 とはいうものの、国内に目を転じてみると、大手企業による下請けいじめが依然として…

ブルシットジョブ

またか、とため息をつきたくなる話だ。 10兆円の大学ファンドが国会で審議されているとの件。 構想としては、国際的に低下した大学の競争力を上げるため、世界に通用するいくつかの大学に対して、基金の運用益を与えるというものらしい。 だが、ちょっと待っ…

5月も中旬

5月も中旬になって、週間予報では雨が多くなってきた。下旬になれば梅雨入りしてもおかしくない時期だ。 さて、月を上旬、中旬、下旬と3分割するように、生きていられる時間を3分割すれば、私は下旬にさしかかったあたり。中旬の8割ほどを抗うつ剤・睡眠導入…

お茶会?

お堅いイメージの理工系キャンパスに、予告もなく現れたお茶会セット。 お茶セット現る 何やら足跡が 唐突なお茶会出現に、学生も教職員も「?」。 だけど、日常の中に意外性って楽しくなるね。 以上。2022.05.09

「人生100年時代」の嘘

厚生労働省の第23回生命表 第23回生命表(完全生命表)の概況|厚生労働省 によると、私の平均余命は約27年である。「人生100年時代」が本当ならば、平均余命は43年になるはずだが、この落差は何だ。 一つは、政府が年金の支給を渋っていて、できうる限り支…

5月の憂鬱

5月の憂鬱、といっても、いわゆる5月病とかではなくて、現実的な金銭的事情による。 時給で働いているので、5月は祝日3日分の給料が目減りしてしまうのだ。それから5月は自動車税の支払いがあり、少々懐具合が痛い状態になる。その分、6月は祝日がなく今年は…

長寿命な電池

昨日のfx-373ESだが、ゴミ出し区分では電池を抜いて埋め立てゴミとのことで、裏蓋を空けて入っていた単4電池を抜き出した。使ってる間に電池を交換した記憶はない。購入時に入っていた電池そのままのようだ。 日本製ではない中華の銘柄だが、マイナス極の刻…

関数電卓のドット抜け

長年使っていた関数電卓が、このように横1行ドット抜けしてしまった。 横1行ドット抜け fx-373ES もう10年ぐらい使っているし、メーカーのwebサイトからも既にカタログ落ちしている。 それでも、修理できないかと分解してみたが、基板は筐体プラスチックに焼…

膀胱がんへのリスク

化学の仕事に携わっていると、必然的に多数の薬品を取り扱う。中には発がん性があるもの、潜在的に発がんリスクがありながら調査されていないものがある。そんな薬品を口から飲むことはないが、皮膚あるいは呼吸器から吸収されてしまうことはよくある。法的…

フジの花が咲いている

桜の花が終わったと思ったら、次はフジの花が咲き始めた。卒業記念植樹の中に、フジの木がある。花が楽しめるように藤棚が設えてあるが、その範囲を大きく外れて枝が伸びている。その枝から紫色のフジの花が下がって咲いている。 4月、季節の移り変わりが激…

うつの気配

小学校1年か2年の頃、日曜日の朝に遅くまで寝ていて、なかなか起きようという気持ちにならず、布団でぐずぐずしているときに感じたこと。朝ゆっくりしていることが強烈な罪悪感となって襲ってきた。月に1回くらいの頻度だったと思う。それから小学校5年の頃…